AGAと遺伝

子供の頃「お前の父ちゃんハゲだからお前もハゲるぞ!」と悪口を言われたことがある男性もいるものですし、実際に年をとったら父親のように髪の毛が薄くなったという例はよくあります。また、親族が集まった時に代々薄毛の家系というのはあるものです。やはり、見て分かる通りAGAの原因の一つに遺伝があることは医学的にも研究から解明されつつあります。

薄毛の原因の一つとしてテストステロンの分泌量が関係あると言われています。このテストステロンというのは思春期以降に分泌される男性ホルモンのことです。このテストステロンの分泌が多くなると髪の毛が薄くなり、分泌されなくなると薄毛の進行が止まるということが解明されています。ただし、中にはテストステロンが増えても髪の毛が薄くならない人がいます。この違いが遺伝と関わっているとされています。

テストステロンがジビドロテストステロン(DHT)という物質に変わるとアンドロゲンレセプターという部位に結合すると毛母細胞の分裂が止まったり細胞自体が死んでしまうことで髪の毛が抜けたり成長が止まって薄毛となります。遺伝的に薄毛になりやすい人というのはこのアンドロゲンレセプターがDHTとくっつきやすいため、髪の毛が薄くなりやすいのではないかと考えられています。