AGAの悩み

最近、テレビや雑誌でよくAGAという言葉を見聞きします。このAGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症という意味です。男性は思春期を過ぎると少しずつ髪の毛が薄くなることがありますが、この状態のことをAGAと言い頭頂部や生え際のどちらかもしくは双方が薄くなっていきます。一般的な原因として男性ホルモンの分泌量に異変が起きたり遺伝であったりが挙げられますが最近では他にも原因が挙げられていて、最近では若年化も進んでいますし悩んでいる人の数も増えており、成人男性の悩みとしてよく挙げられています。

現在、AGAの人は全国で1000万人を超えており、これは成人男性の3人に1人の割合であると言われています。これだけの人が悩んでいるのに気にかけて何かケアをしている人は半数ほどしかいません。AGAは進行していくものです。そのため、自覚症状が出てから年々髪の毛は減っていくことになります。何も対策をしなければ5年もすれば髪の毛の量は半数ほどに減っていってしまいます。自宅でのケアももちろんですが、不安であれば専門の医師に相談してみるのも良いと思います。

自覚症状の出る前からできる対策をしておくと髪の毛の減り始めも遅らせることができますし、髪の毛の減りを自覚してからもその減り方のスピードを抑えることができます。そこで、ここではAGAの原因の一つである遺伝がどのように関わっているのか、そして遺伝性のものであることの見分け方と対策の方法について紹介をしていきます。