遺伝的AGAへの対策

家族や親族にAGAの人がいれば基本的に自分も遺伝的に薄毛になりやすいんだとわかるものですが、最近では遺伝子検査を受けることができます。病院で受けることもできますが、やはりナイーブな問題なので恥ずかしいと思う人もいますし勇気もいるものです。そこで。最近では自宅で粘膜を採取して郵送で調べてもらうこともできます。検査をすれば遺伝子的に脱毛の傾向がどのようなものかを理解できますからそれにあった対策を進めていくことができます。

また、遺伝的にAGAになりやすい人は生活習慣やストレスといった髪の毛にとって良くないものの影響をダイレクトに受けてしまいます。そこで、脂っこい食事を控えたり規則正しい生活を意識したり、といった髪の毛に良いとされている生活を積極的に取り入れることが望ましいです。

髪の毛が減ってきたなとか抜け毛が多いなとかと感じ始めてから対策をしても効果を感じられるまでには時間がかかってしまいます。効果が感じられなければモチベーションも下がりがちで途中で投げ出してしまうこともあります。そこで、まだ自覚症状がある前から予防のために行えることを少しずつ始めておくことが理想的です。特に生活習慣はすぐに変えるのが大変ですから早いうちから少しずつ行っておくことが望ましいので