遺伝的AGAへの対策

家族や親族にAGAの人がいれば基本的に自分も遺伝的に薄毛になりやすいんだとわかるものですが、最近では遺伝子検査を受けることができます。病院で受けることもできますが、やはりナイーブな問題なので恥ずかしいと思う人もいますし勇気もいるものです。そこで。最近では自宅で粘膜を採取して郵送で調べてもらうこともできます。検査をすれば遺伝子的に脱毛の傾向がどのようなものかを理解できますからそれにあった対策を進めていくことができます。

また、遺伝的にAGAになりやすい人は生活習慣やストレスといった髪の毛にとって良くないものの影響をダイレクトに受けてしまいます。そこで、脂っこい食事を控えたり規則正しい生活を意識したり、といった髪の毛に良いとされている生活を積極的に取り入れることが望ましいです。

髪の毛が減ってきたなとか抜け毛が多いなとかと感じ始めてから対策をしても効果を感じられるまでには時間がかかってしまいます。効果が感じられなければモチベーションも下がりがちで途中で投げ出してしまうこともあります。そこで、まだ自覚症状がある前から予防のために行えることを少しずつ始めておくことが理想的です。特に生活習慣はすぐに変えるのが大変ですから早いうちから少しずつ行っておくことが望ましいので

AGAと遺伝

子供の頃「お前の父ちゃんハゲだからお前もハゲるぞ!」と悪口を言われたことがある男性もいるものですし、実際に年をとったら父親のように髪の毛が薄くなったという例はよくあります。また、親族が集まった時に代々薄毛の家系というのはあるものです。やはり、見て分かる通りAGAの原因の一つに遺伝があることは医学的にも研究から解明されつつあります。

薄毛の原因の一つとしてテストステロンの分泌量が関係あると言われています。このテストステロンというのは思春期以降に分泌される男性ホルモンのことです。このテストステロンの分泌が多くなると髪の毛が薄くなり、分泌されなくなると薄毛の進行が止まるということが解明されています。ただし、中にはテストステロンが増えても髪の毛が薄くならない人がいます。この違いが遺伝と関わっているとされています。

テストステロンがジビドロテストステロン(DHT)という物質に変わるとアンドロゲンレセプターという部位に結合すると毛母細胞の分裂が止まったり細胞自体が死んでしまうことで髪の毛が抜けたり成長が止まって薄毛となります。遺伝的に薄毛になりやすい人というのはこのアンドロゲンレセプターがDHTとくっつきやすいため、髪の毛が薄くなりやすいのではないかと考えられています。

AGAの悩み

最近、テレビや雑誌でよくAGAという言葉を見聞きします。このAGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症という意味です。男性は思春期を過ぎると少しずつ髪の毛が薄くなることがありますが、この状態のことをAGAと言い頭頂部や生え際のどちらかもしくは双方が薄くなっていきます。一般的な原因として男性ホルモンの分泌量に異変が起きたり遺伝であったりが挙げられますが最近では他にも原因が挙げられていて、最近では若年化も進んでいますし悩んでいる人の数も増えており、成人男性の悩みとしてよく挙げられています。

現在、AGAの人は全国で1000万人を超えており、これは成人男性の3人に1人の割合であると言われています。これだけの人が悩んでいるのに気にかけて何かケアをしている人は半数ほどしかいません。AGAは進行していくものです。そのため、自覚症状が出てから年々髪の毛は減っていくことになります。何も対策をしなければ5年もすれば髪の毛の量は半数ほどに減っていってしまいます。自宅でのケアももちろんですが、不安であれば専門の医師に相談してみるのも良いと思います。

自覚症状の出る前からできる対策をしておくと髪の毛の減り始めも遅らせることができますし、髪の毛の減りを自覚してからもその減り方のスピードを抑えることができます。そこで、ここではAGAの原因の一つである遺伝がどのように関わっているのか、そして遺伝性のものであることの見分け方と対策の方法について紹介をしていきます。